Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

コレクションフレームワーク

コレクションフレームワークとは、コレクション(オブジェクトの集合)を操作するために用意されたJava標準のAPIです。用途に応じて、リスト(List)、Set(セット)、Map(マップ)、Queue(キュー)といったインターフェイスを使い分けることができます。以下に、それぞれのインターフェイスに属する主な実装クラスをまとめます。コレクションフレームワークの実装クラスは、[実装スタイル][インターフェイス名]の形式で命名されています。

コレクションフレームワークの主な実装クラス
インターフェイス 実装クラス 概要
List ArrayList 可変長配列
LinkedList リンク構造のリスト
Set HashSet 要素の集合(順不同。重複は不可)
TreeSet 要素の集合(キーでソート。重複は不可)
Map HashMap 基本的なマップ
TreeMap キーにより要素をソートしたマップ
Queue(Dequeue) ArrayDeque 両端キュー

その他、Vector、Stack、Hashtableなどのクラスもありますが、これらはコレクションフレームワークが登場する以前に提供されていた古いクラスです。現在では利用すべきではありません。

コレクションフレームワーク
コレクションフレームワーク
コレクションを初期化する
synchronizedList/synchronizedMap/synchronizedSetメソッド
ArrayListクラス
asListメソッド
toArrayメソッド
LinkedList
HashMap
TreeMap
NavigableMap
HashSet
ArrayDeque

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職