Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

Threadクラス/Runnableインターフェイス

スレッドを実行する – Threadクラス/Runnableインターフェイス

スレッドを実行するには、Threadクラス(java.langパッケージ)を継承したサブクラスを用意する方法と、Runnableインターフェイス(java.langパッケージ)を実装したサブクラスを用意する方法とがあります。

Threadクラス

スレッドで処理すべき内容は、Threadクラスのrunメソッドに定義します(ここでは20回メッセージを出力)。定義したスレッドを出力するには、Thread#startメソッドを呼び出します。

ThreadSample.java

package com.example.mynavi.thread;

public class ThreadSample {
  private static class MyThread extends Thread {
      @Override
      public void run() {
        for (int i = 0; i < 20; i++) {
          System.out.println(i + ":" + this.hashCode());
        }
      }
    }
    
    public static void main(String[] args) {
      Thread t1 = new MyThread();
      Thread t2 = new MyThread();
      t1.start();
      t2.start();
    }
  }

↓

0:399574838
0:1079632676
1:399574838
1:1079632676
2:1079632676
2:399574838
3:1079632676
4:1079632676
3:399574838
5:1079632676
4:399574838
6:1079632676
5:399574838
7:1079632676
6:399574838
7:399574838
8:1079632676
8:399574838
9:1079632676
9:399574838
10:1079632676
...後略...
Runnnableインターフェイス

スレッド処理を、Runnableインターフェイスの実装クラスとして定義することもできます。その場合、Runnable実装クラスのインスタンスを引数にThreadクラスをインスタンス化します。

RunableSample.java

package com.example.mynavi.thread;

public class RunableSample {
  private static class MyThread implements Runnable {
      @Override
      public void run() {
        for (int i = 0; i < 20; i++) {
          System.out.println(i + ":" + this.hashCode());
        }
      }
    }

    public static void main(String[] args) {
      Thread t1 = new Thread(new MyThread());
      Thread t2 = new Thread(new MyThread());
      t1.start();
      t2.start();
    }
  }
スレッド
Threadクラス/Runnableインターフェイス
synchronized修飾子/ブロック
ReentrantLockクラス
AtomicXxxxxクラス
Executorsクラス

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職