Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

開発環境の準備

Javaでアプリを開発するには、一般的に、以下のソフトウェアをインストールしておきます。

(1)JDK(Java Develpment Kit)

Javaアプリを実行するためのJava仮想マシンをはじめ、コンパイラーやデバッガーなどのツールを備えたJava開発環境です。Oracleのサイトからダウンロードできます。
コードそのものは、一般的なテキストエディターで記述できますので、JDKさえインストールされていれば、最低限のアプリ開発は可能ということです。

(2)統合開発環境(Eclipseなど)

統合開発環境は、コーディングを支援するコードエディターをはじめ、デバッガー、プロジェクト管理機能、リファクタリング機能など、アプリ開発にはおおよそ欠かせない諸機能を備えたあまねく備えたソフトウェアです。 最低限のコーディングであれば、確かにテキストエディターだけでも可能です。しかし、コンパイル/配置(デプロイ)/デバッグなど、開発に際して繰り返し発生する作業は面倒でもあれば、非生産的です。本格的な開発では、統合開発環境の利用が一般的ですし、現場でも当たり前のように求められます。早い段階から、統合開発環境での開発に慣れておくのが吉でしょう。
代表的なJavaの統合開発環境には、Eclipse、NetBeansなどがありますが、本稿ではより利用者数も多いと思われるEclipseを採用します。Eclipseは、機能を拡張するためのプラグインも豊富で、Javaのみならず、他の言語にも対応しているのが特徴です。

Eclipseをインストールする際には、「Pleiades」を利用することをお勧めします。PleiadesはEclipseの代表的なプラグインで、Eclipseとその代表的なプラグインを日本語化できます。All in Oneパッケージを利用することで、アプリ開発によく利用するプラグインをまとめてインストールできますので、個別にプラグインを導入する手間もなくなります。
「Pleiades All in One」は、以下のページからダウンロードできます。

Eclipse(https://eclipse.org/)

NetBeans(https://ja.netbeans.org/)

Pleiades(http://mergedoc.osdn.jp/)

Pleiades All in One ダウンロード(http://mergedoc.osdn.jp/)

執筆時点での最新バージョンは、「Eclipse 4.6 Neon Pleiades All in One」です。該当するボタンをクリックすると、「Pleiades All in One 日本語ディストリビューション (zip) ダウンロード」というページに移動します。

Pleiades All in One 日本語ディストリビューション (zip) ダウンロード

ダウンロードできるパッケージにはいくつか種類がありますので、まず自分の環境に合わせて32bitか64bit版のいずれかから、「Java」列-「Full Edition」の[Download]ボタンをクリックしてください。これがJava開発用の完全版パッケージで、JDKも同梱されています。
ダウンロードしたファイル(著者環境ではpleiades-e4.6-java-jre_20160622.zip)は、「C:pleiades」フォルダーに展開するだけです。アンインストールする場合は、/pleiadesフォルダーごと削除してしまって構いません。

Pleiades(Eclipse)をインストールするには、そのまま展開するだけ

Javaとは
Javaとは
Javaの構成
Javaの変遷
開発環境の準備
開発環境の準備(JDK単体)
はじめてのJavaプログラム
ドキュメント

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職