Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

Javaの変遷

以下は、JavaSEの大まかな歴史です。

Javaのバージョン
バージョン 時期 主な新機能など
JDK 1.0 1996年1月 初期バージョン
JDK 1.1 1997年2月 国際化対応、JDBC API
J2SE 1.2 1998年12月 コレクションフレームワーク、Swing、リフレクション
J2SE 1.3 2000年5月 HotSpot
J2SE 1.4 2002年2月 正規表現、ロギング、New I/O、assert
J2SE 5.0 2004年9月 ジェネリックス、オートボクシング、enum型、拡張for命令
JavaSE 6 2006年12月 Unicode正規化、JDBC 4.0
JavaSE 7 2011年7月 try-with-resources構文、New I/O.2、ダイヤモンド構文
JavaSE 8 2014年3月 ラムダ式、Stream API、Date-Time API

5.0はリリース当初はバージョン1.5と呼ばれていましたが、言語仕様等が大きく変化していることから、のちに5.0に改められています。また、5.0まではJ2SE(Java2 Platform, Standard Edition)と呼ばれていましたが、6のリリース後、JavaSEが正式名称となっています。また、バージョン番号の小数点以下の表記も廃止されています。

※ただし、内部的なバージョンは依然として1.5、1.6、1.7…と以前同様のバージョン管理を行っており、一部の表記もそのようになっていますので注意してください。

Javaとは
Javaとは
Javaの構成
Javaの変遷
開発環境の準備
開発環境の準備(JDK単体)
はじめてのJavaプログラム
ドキュメント

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職