Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

javaコマンド

Javaプログラムを実行する – javaコマンド
java option clazz params
option:コマンドオプション
clazz:実行するクラス
params:パラメーター

javaコマンドは、指定されたクラスをロード&実行します。
paramsは、Javaプログラムに引き渡す値です。mainメソッドの引数argsで受け取ることができます。複数ある場合には、空白で区切ってください。
利用できるオプション(option)には、以下のようなものがあります。

javaコマンドの主なオプション
オプション 概要
-classpath パス 関連するクラスファイルの検索先。
複数指定時は、セミコロン(Windows)、またはコロン(Unix)区切り
-jar .jarファイルを実行
-version Javaのバージョンを表示

たとえば以下は、Hello.jarを実行する例です。パラメーターとして「山田」をセットします。

> java -jar Hello.jar "山田"
attention

.jarファイルからアプリケーションを起動するには、.jarファイルに以下のような内容のマニフェストファイル(/META-INF/MANIFEST.MF)を組み込んでおく必要があります。Main-Classパラメータには、起動するクラスを指定します。

Main-Class: to.java.code.sample.basic.HelloSample
コマンド
javacコマンド
javaコマンド
jarコマンド
javadocコマンド

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職