Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

break命令

ループを脱出する – break命令
break [label]
label:ラベル文字列

breakは、現在のループを脱出するための命令です。一般的には、ifなどの条件分岐とセットで利用します。たとえば以下は、変数valが5より大きくなったところで、ループを強制終了する例です。

StatBreak.java

package com.example.mynavi.control;

public class StatBreak {
  public static void main(String[] args) {
    int val = 0;
    while (val < 10) {
      System.out.print(val + "/");
      val++;
      if (val > 5) { break; }
    } // 結果:0/1/2/3/4/5/
  }
}

ラベル構文を利用することで、入れ子になったループをまとめて脱出することもできます。たとえば、以下のサンプルでは変数i、jの積が初めて50を超えたところで、ループを終了します。ラベルは脱出したいループの先頭に付与します(この場合は「ext」)。

StatBreak2.java

package com.example.mynavi.control;

public class StatBreak2 {
  public static void main(String[] args) {
    ext :
      for (int i = 1; i < 10; i++) {
        for (int j = 1; j < 10; j++) {
          if (i * j > 50) { break ext; }
          System.out.print((i * j) + "/");
        }
        System.out.println();
      }
  }
}

↓

1/2/3/4/5/6/7/8/9/
2/4/6/8/10/12/14/16/18/
3/6/9/12/15/18/21/24/27/
4/8/12/16/20/24/28/32/36/
5/10/15/20/25/30/35/40/45/
6/12/18/24/30/36/42/48/
制御構文
if命令
switch命令
while命令
do…while命令
for命令
拡張for命令
break命令
continue命令

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職