Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

for命令

指定された回数だけ処理を繰り返す – for命令
for(init; condition; iteration) {
statements
}
init:初期化式
condition:条件式
iteration:増減式
statements:命令文

for命令は、決められた回数だけ処理を繰り返すのに利用します。たとえば以下は、メッセージを5回出力する例です。

StatFor.java

package com.example.mynavi.control;

public class StatFor {
	public static void main(String[] args) {
		for (int i = 0; i < 5; i++) {
			  System.out.print(i + "/");
			}	// 結果:0/1/2/3/4/
	}
}
処理の流れ

処理の流れは、以下のとおりです。

1. ループの最初に、初期化式(i = 0)を実行
2. 終了条件式(i < 5)を評価
3. 2.がtrueであれば配下の処理を実行、falseであれば終了
4. 増減式(i++)を実行
5. 2.に戻る

for (int i = 5; i > 0; i--)	… 5から1ずつ減らしていく
for (int i = 0; i < 10; i+=2)	… 0から2ずつ増やしていく
順次演算子による複雑なループ

順次演算子(カンマ演算子)を利用することで、それぞれの式に複数の式を指定することもできます。

StatFor2.java

package com.example.mynavi.control;

public class StatFor2 {
  public static void main(String[] args) {
    for(int i = 0, j = 10; i < 5; i++, j++) {
        System.out.println(i * j);
      }
  } // 結果:0、11、24、39、56
}
制御構文
if命令
switch命令
while命令
do…while命令
for命令
拡張for命令
break命令
continue命令

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職