Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

do…while命令

条件式の真偽に応じて処理を繰り返す(後置判定) – do…while命令
do {
statements
} while(condtion);
statements:命令文
condition:ループを継続する条件式

do…while命令も、while命令と同じく、与えられた条件式がtrueである間、配下の処理を繰り返し実行します。
ただし、最初から条件式がfalseであった場合の挙動が異なります。その場合、while命令は一度も処理を実行しないのに対して、do…while命令は一度はかならず処理を実行します。while命令を前置判定、do…while命令を後置判定とも言います。

StatDoWhile.java

package com.example.mynavi.control;

public class StatDoWhile {
  public static void main(String[] args) {
    int val = 7;
    do {
      System.out.print(val + "/");
      val++;
    } while(val < 5); // 結果:7/
  }
}

while命令と異なり、do...while命令では末尾にセミコロンが付く点に注意してください。

関連ページ
while

制御構文
if命令
switch命令
while命令
do…while命令
for命令
拡張for命令
break命令
continue命令

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職