Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

signumメソッド

符号を判定する – signumメソッド
public static double signum(double d)
d:任意の数値

signumメソッドを利用することで、指定された値の符号を判定できます。引数が正数であれば1.0を、引数が負数であれば-1.0を、ゼロであれば0.0を、それぞれ返します。
ただし、引数がNaNの場合は、戻り値もNaNとなります。

MathSignum.java

package com.example.mynavi.math;

public class MathSignum {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println(Math.signum(-3));	// 結果:-1.0
    System.out.println(Math.signum(0));	// 結果:0.0
    System.out.println(Math.signum(15));	// 結果:1.0
  }
}
数値演算
absメソッド
max/minメソッド
ceil/floor/roundメソッド
sqrt/cbrtメソッド
powメソッド
signumメソッド
log/log10/log1pメソッド
sin/cos/tan/asin/acos/atanメソッド

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職