Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

変数を宣言する

変数を宣言する
type name [= init],…
type:データ型
name:変数名
init:初期値

変数とは、いわゆるアプリの中で扱うデータを一時的に保存しておくための入れ物です。変数を利用するには、まずその変数が「数値/文字列などどんな値を格納できるのか」「どんな名前を付けるのか」「最初に格納しておく値はなにか」などを宣言しておく必要があります。
たとえば以下は、double(小数点値)を格納するnumという変数を、初期値3.14で宣言する例です。

StreamBinary.java

package com.example.mynavi.basic;

public class Variable {
  public static void main(String[] args) {
    double num = 3.14;
    System.out.println(num);

データ型が同じであれば、以下のように変数を列挙することもできます。

double num = 3.14, num2 = 1.414;

これは、以下のように書いても同じ意味です。

double num = 3.14;
double num2 = 1.414;

変数の型は一度宣言した後は変更できません。よって、double型(小数点型)で宣言した変数にたとえば文字列を代入しようとした場合にはエラーとなります。

num = "こんにちは、世界!";	// エラー

関連ページ
データ型

識別子の命名規則

変数をはじめとして、クラス/メソッドに付けられた名前のことを#識別子#と言います。識別子を付ける際のルールは、以下の通りです。

1. 利用できる文字はUnicode文字すべて(ただし、先頭に数字は利用できない)
2. 大文字/小文字は区別される
3. Javaの予約文字ではないこと

1.のルールからすれば、識別子には日本語を利用することも可能です。しかし、一般的には英数字、アンダースコアに限定することをお勧めします。
予約語とは、Javaのコードの中で意味を持ったキーワードのことです。具体的には、以下のようなものがあります。

Javaの主な予約語
abstract assert boolean break byte case
catch char class const continue default
do double else enum extends false
final finally float for goto if
implements import instanceof int interface long
native new null package private protected
public return short static strictfp super
switch synchronized this throw throws transient
try true void volatile while

また、構文規則ではありませんが、変数をより判別しやすくするという意味では、以下の点にも留意してください。

・決められた記法で命名する
・変数の内容を推測しやすい名前(x、yではなく、name、titleなど)
・長すぎず、短すぎず
・見た目が区別しにくい変数は避ける(usr、userなどは良くない)
・先頭文字のアンダースコアは、特別な意味があるように見えるので避ける
・ローマ字での命名は避ける(例えばnamae、tenkiなど)

一般的な識別子の記法には、以下のようなものがあります。

・camelCase記法:先頭文字は小文字、単語の区切りは大文字(myNameなど) ・Pascal記法:先頭文字は大文字、単語の区切りも大文字(MyNameなど) ・アンダースコア記法:すべての文字は小文字、または大文字。単語の区切りはアンダースコア(MY_NAME、my_nameなど)

変数やメソッドを命名する場合にはcamelCase記法を、クラス/インターフェイスはPascal記法、定数はアンダースコア記法を、それぞれ利用するのが一般的です。

基本文法
変数を宣言する
定数を宣言する – finalキーワード
データ型
型キャスト
演算子
コメント

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職