Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

now/of/parseメソッド

文字列から日付/時刻値を生成する – now/of/parseメソッド
public static LocalDateTime now()
public static LocalDateTime of(int year, int month, int day,
int hour, int minute [,int second [,int nano]])
public static LocalDate parse(CharSequence text)
year:年
month:月
day:日
hour:時
minute:分
second:秒
nano:ナノ秒
text:日付時刻文字列

java.timeパッケージでは、目的に応じてLocal/Offset/Zoned系のクラスが用意されていますが、これらを生成する方法は共通しています。
まず、現在時刻を表示するには、nowメソッドを利用します。
ofメソッドは、年月日/時分秒を指定してオブジェクトを生成します。parseメソッドを利用することで、日付時刻文字列からオブジェクトを生成することもできます。

TimeCreate.java

package com.example.mynavi.datetime;

import java.time.LocalDateTime;
import java.time.OffsetDateTime;
import java.time.ZoneOffset;
import java.time.ZonedDateTime;

public class TimeCreate {
  public static void main(String[] args) {
    LocalDateTime local = LocalDateTime.now();
    System.out.println(local);
	// 結果:2016-08-19T15:35:30.553
    OffsetDateTime offset = OffsetDateTime.of(
        2016, 8, 19, 15, 35, 30, 0, ZoneOffset.of("+09:00"));
    System.out.println(offset);
	// 結果:2016-08-19T15:35:30+09:00
    ZonedDateTime zoned = ZonedDateTime.parse("2016-08-19T15:35:30+09:00[Asia/Tokyo]");
    System.out.println(zoned);
	// 結果:2016-08-19T15:35:30+09:00[Asia/Tokyo]
  }
}

それぞれのオブジェクトからは以下のメソッドを使って、個々の日付/時刻要素にアクセスすることもできます。

個々の日付/時刻要素にアクセスするためのメソッド
メソッド 概要
getYear
getMonth 月(Month型)
getMonthValue 月(1~12)
getDayOfMonth
getDayOfWeek 曜日
getDayOfYear 年間通算日
getHour
getMinute
getSecond
getNano ナノ秒
日付/時刻(Date-Time API)
日付/時刻(Date-Time API)
now/of/parseメソッド
betweenメソッド
日時データを演算する
Date/Calendarクラス⇔DateTime-APIのクラスを相互変換する

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職