Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

setAutoCommit/commit/rollbackメソッド

トランザクションを利用する – setAutoCommit/commit/rollbackメソッド
public void setAutoCommit(boolean auto) throws SQLException
public void commit() throws SQLException
public void rollback() throws SQLException
auto:自動コミットを有効にするか

トランザクションとは、データベースに対する複数の処理をまとめるためのしくみを言います。たとえば銀行での振り込み処理であれば、
・振り込み元口座の残高を減らす
・振り込み先口座の残高を増やす
という処理はいずれも成功するか、または失敗しなければなりません。いずれかの処理だけが成功した場合、口座間の残高が正しくなくなってしまうからです。
そのような場合、トランザクションを利用することで、複数の更新をいったん仮登録しておき、すべての処理が成功したところで、データベースに本登録します(これを#コミット#と言います)。もしもいずれかが失敗した場合には、先行する仮登録をキャンセルします(これをロールバックと言います)。
これによって、双方の処理がいずれも成功、さもなければいずれも失敗することを保証しているわけです。 これまでは、ひとつの命令を実行する度に暗黙的にコミットしていましたので(これを自動コミットと言います)、トランザクションを意識することはありませんでした。しかし、複数の命令をトランザクションで管理したいという場合には、自動コミットを無効化する必要があります。これには、setAutoCommitメソッドにfalseをセットしてください。
自動コミットを無効にした場合、更新内容をデータベースに反映させるためには、明示的にcommitメソッドを呼び出さなければなりません。また、変更をキャンセルするには、rollbackメソッドを呼び出してください。

SqlTransact.java

package com.example.mynavi.sql;

import java.sql.Connection;
import java.sql.DriverManager;
import java.sql.PreparedStatement;
import java.sql.SQLException;

public class SqlTransact {
  public static void main(String[] args) {
    try (Connection db = DriverManager.getConnection(
        "jdbc:mysql:⁄⁄localhost/sample?useUnicode=true&characterEncoding=UTF-8&useSSL=true", "root", "root")) {
      db.setAutoCommit(false);
      try(PreparedStatement ps1 = db.prepareStatement(
          "INSERT INTO member (id, nam, sex, age) VALUES (?, ?, ?, ?)");
        PreparedStatement ps2 = db.prepareStatement(
          "INSERT INTO member (id, nam, sex, age) VALUES (?, ?, ?, ?)")) {
        ps1.setString(1, "2016003");
        ps1.setString(2, "田中春香");
        ps1.setString(3, "女");
        ps1.setInt(4, 28);
        ps1.executeUpdate();
        ps2.setString(1, "2016003");
        ps2.setString(2, "和田和也");
        ps2.setString(3, "男");
        ps2.setInt(4, 34);
        ps2.executeUpdate();
        db.commit();
      } catch (SQLException e) {
        db.rollback();
        System.out.println("処理エラー:" + e.getMessage());
      }
    } catch (Exception e) {
      e.printStackTrace();
    }
  }
}

↓

処理エラー:Duplicate entry '2016003' for key 'PRIMARY'

上の例であれば、主キーが重複しているため、2番目のINSERT命令が失敗し(=ロールバックされ)、データの変更は反映されないはずです。太字部分の主キーを変更し、再度実行すると、今度は正しくデータが反映されることも確認してください。

データベース
データベースの準備
データベースに接続/切断する
prepareStatement/executeUpdateメソッド
executeQueryメソッド
setAutoCommit/commit/rollbackメソッド

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職