Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

DateFormatクラス

日付/時刻を整形する – DateFormatクラス
public static final DateFormat getInstance()
public static final DateFormat getDateInstance(int dStyle [,Locale loc])
public static final DateFormat getTimeInstance(int tStyle [,Locale loc])
public static final DateFormat getDateTimeInstance(
int dStyle, int tStyle [,Locale loc])
dStyle:日付スタイル
tStyle:時刻スタイル
loc:利用するロケール

日付/時刻を整形するには、DateFormatクラス(java.textパッケージ)を利用します。DateFormatクラスでは、(new演算子ではなく)以下のようなメソッドでインスタンスを生成します。

DateFormatオブジェクト生成のためのメソッド
メソッド 概要
getInstance 日付/時刻をSHORTスタイルで整形
getDateInstance 日付を指定のスタイルで整形
getTimeInstance 時刻を指定のスタイルで整形
getDateTimeInstance 日付/時刻を指定のスタイルで整形

引数dStyle/tStyleには、以下のような値を指定できます。

引数dStyle/tStyleの設定値
設定値 概要 戻り値(例)
FULL 全ての要素を含むスタイル 2017年5月24日 15時25分07秒 JST
LONG 長い形式 2017/05/24 15:34:26 JST
MEDIUM 中くらいの形式 2017/05/24 15:35:00
SHORT 短い形式 17/05/24 15:35

以下は、現在の日付/時刻をさまざまな形式で整形する例です。

UtilFormat.java

package com.example.mynavi.util;

import java.text.DateFormat;
import java.util.Date;

public class UtilFormat {
  public static void main(String[] args) {
    Date d = new Date();
    DateFormat f_dts = DateFormat.getInstance();
    DateFormat f_d = DateFormat.getDateInstance(DateFormat.FULL);
    DateFormat f_t = DateFormat.getTimeInstance(DateFormat.FULL);
    DateFormat f_dt = 
      DateFormat.getDateTimeInstance(DateFormat.FULL, DateFormat.FULL);
    System.out.println(f_dts.format(d));	// 結果:16/08/23 17:23
    System.out.println(f_d.format(d));	// 結果:2016年8月23日
    System.out.println(f_t.format(d));	// 結果:17時23分41秒 JST
    System.out.println(f_dt.format(d));	// 結果:2016年8月23日 17時23分41秒 JST
  }
}
ユーティリティ
getPropertiesメソッド
Randomクラス
DateFormatクラス
NumberFormatクラス
Timerクラス

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職