Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

javacコマンド

Javaのコードをコンパイルする – javacコマンド
javac option src
option:コマンドオプション
src:ソースファイル

javacコマンドは、Javaのソースコード(.javaファイル)をコンパイルし、クラスファイル(.classファイル)を作成します。
指定できるコマンドオプション(option)には、以下のようなものがあります。

javacコマンドの主なオプション
オプション 概要
-encoding 文字コード ソースコードで使用している文字コード
-sourcepath パス ソースファイルの保存先
-dパス クラスファイルの出力先
-classpath パス 関連するクラスファイルの検索先。複数指定時は、セミコロン(Windows)、またはコロン(Unix)区切り
-verbose 詳細なメッセージを表示
-source バージョン 対象となるコードのバージョンを指定

たとえば、以下はクラスファイルの出力先、クラスパス、文字コードを指定した例です。

> javac -d C:data -classpath .;C:data -encoding Windows-31J tojavacodesamplebasicHelloSample.java

-classpathオプションは、そのソースをコンパイルするために必要なクラスファイル、またはJARファイルの場所(パス)を表すものです。都度設定するのが面倒である場合には、環境変数CLASSPATHであらかじめ指定しておいても構いません。

コマンド
javacコマンド
javaコマンド
jarコマンド
javadocコマンド

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職