Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職

import命令

パッケージをインポートする – import命令
import pname.clazz
import pname.*
pname:パッケージ名
clazz:クラス名

パッケージを含めたクラス名のことを完全修飾名と言います。本来、クラスを一意に特定するためには、完全修飾名で記述しなければなりません。しかし、to.java.code.sample.basic.Animalのような名前を毎回記述するのは面倒です。
そこで、あらかじめ利用するパッケージをインポート(import)しておくことで、コード内ではパッケージを省略して記述できるようになります。import命令は、一般的にpackage宣言の直後に記述します。
たとえば、以下は同じ意味です。

import com.example.mynavi.object.Animal;

Animal a = new Animal();

↓

com.example.mynavi.object.Animal a = new com.example.mynavi.objectAnimal();

com.example.mynavi.objectパッケージ配下のすべてのクラスをまとめてインポートしたいならば、以下のように記述しても構いません(このようなインポートをオンデマンドインポートと言います)。

import com.example.mynavi.object.*;

import宣言は名前を宣言するという意味しかありませんので、「*」記法を利用したからと言って、パッケージ全体をインポートしてアプリが肥大化したというようなことは起こりません。 ただし、近年ではコード内で利用しているクラスを明確にするという意味で、できるだけオンデマンドインポートは利用しないのが慣例的です。

attention

java.langパッケージは、頻繁に利用するという性質上、自動的にインポートされます。明示的にimport宣言する必要はありません。

オブジェクト指向構文
class命令
new演算子
フィールドを定義する
static final修飾子
メソッドを定義する
コンストラクターを定義する
package宣言
import命令
import static命令
ネストしたクラスを定義する

Geekroid-ギークロイド(仮)|ITエンジニアの日常をささいな情報で彩るコラム

ITエンジニアの転職